こんにちは、起業ママ応援サポーターのエリコです。

2019年10月から保育園、幼稚園の無償化が決定しましたね。

今現在、子供が保育園に通っている方は園からもご案内が来ていると思いますが、スタートするのは分かるけど結局詳しい条件がわかりにくい…。

しかも二人目とか未満児はどうなる?

年収や所得制限は?

などなど保活をしている人にとっては、かなり気になりますよね?

 

少し前に「保育園無償化ずるい?不公平と感じる理由を元保育士で子持ち主婦の私がサクッと解説!」という記事を書いたところ、皆さんとても興味があるようで毎日多くの方にこの記事を読んでいただいています。

やはりママ達にとって保育園無償化はかなり気になることですし、元保育士の私的にも興味津々です!

そこで今回は保育園無償化の詳細について、サクッと解説していきますね。

保育園無償化で条件や二人目・未満児はどうなる?年収や所得制限はどうなの?

保育園を最近卒園したママさんにとってはちょっと微妙な気持ちになる保育園無償化!

そもそも無償になる条件について、詳しくわかっている人ってどれだけいるんでしょうか?

エリコ
エリコ
二人目がこれから入園する予定のママ的にはかなり気になるよね?
そうそう!
あと未満児だと対象外?とかね。
アリア&ライリー
アリア&ライリー

 保育園無償化で条件はある?

保育園無償化の対象となる条件は「3歳、4歳、5歳」の子供です。

年長さんで6歳になったら対象外?ではなく年度途中でお誕生日を迎えても、卒園するまでは対象になるので大丈夫ですよ!

また0歳、1歳、2歳児は、住民税非課税世帯のみ無償になります(月4.2万円まで)。

 

認可外保育園やベビーシッターなどは、月3.7万円まで無償。

ただし、給食費に関してはどの施設でも有料になります。

 

こちらはこちらは内閣府から発行されている「幼稚園・保育園の無償化」に関する資料なので、ご参考までにご覧くださいね!

引用元:内閣府 幼児教育の無償化に係る参考資料

保育園無償化で二人目はどうなる?

このように、保育園無償化になって二人目はどうなる?と気にされている方が多いですね。

さらに三人目はどうなるんでしょうか?

今のところ「多子減税」という制度があり、それによって兄弟がいる家庭の二人目の保育料は半額、三人目以降は保育料が無償になっているんです。

保育園無償化によってこの多子減税制度はどうなるんでしょうか?

実はこのことについて、現時点では何も情報がないんです。

保育園無償化により、多子減税が継続されるのか?それとも終了してしまうのか?

残念ながら何も発表なしの状態。

ママ的にここは大事なポイントだよね。
アンナ
アンナ

 

保育園無償化で、もし二人目半額、三人目以降無償という制度が終わってしまたら、結果的にあまりお得ではない感じがします。。

この事について、詳しいことがわかり次第こちらで追記していきますね。

 

保育園無償化で未満児はどうする?

保育園無償化で対象になるのは上でもお伝えしたように3歳児、4歳児、5歳児のみです。

ちなみに未満児というのは「3歳以下」の子供のことを言います。

つまり、3歳以下の未満児は0歳、1歳、2歳になるわけですが、未満児が無償になるのは住民税非課税世帯のみなんです。

これは認可外保育施設、ベビーシッターでも同様です。

 

さらに、もし保育園無償化になり二人目半額、三人目以降無料の多子減税が終わってしまうと、一人目が無償だったとしても、二人目以降が未満児だったら実はあまりお得にはならないんです。

未満児が保育園無償化の対象にならないとしても、多子減税がどうなるのか?が気になるところですね!

 

保育園無償化で年収や所得制限は?

これまでに保育料はその家庭ごとの年収によって決められていましたよね。

ですから保育園無償化でも年収によって、何か制限があるのでしょうか?

年収は保育園無償化に関係ないみたいだよ〜!
リリー
リリー

 

そうなんです。

今回の保育園無償化では年収に関係なく、3歳児から5歳児までは無料

わかりやすくていいですよね!

そして所得制限に関しても特に決定していることはありません。

強いて言えば、0歳児から2歳児までは住民税非課税世帯が無償になるということですね。

 

子育て主婦のいろんな悩みを解決できるお仕事

ママが働くためには、いろんなハードルがありますよね。

待機児童や保活の実態を知ると、子供を出産しても本当に仕事復帰や再就職できるのか?と不安な方も多いはずです。

2019年も「保育園落ちた」という方が多かったですし。。

・妊娠中から出産後の仕事復帰を考えて、保活をがんばっているママさん。

・保活をがんばったのに、結局全ての保育園に落ちてしまったママさん。

・1人目は保育園に入れたけど、2人目のことを考えると不安なママさん。

そんなママさんの悩みを解決できる新しい働き方があるんです!

それは「子育てを大切にしながら自宅で働く」という選択肢です。

・子育てをしながらスキマ時間で仕事をする
・好きな時間で仕事ができる
・自宅で稼げるので子供の急な病気にも対応できる

これを全て叶えてくれるのが、私が現在行なっている「ブログで稼ぐ」というブログアフィリエイトです!

▼詳しいやり方はこちらからどうぞ!

 

パソコンとインターネットさえあれば、好きな場所で好きな時間に誰でもお仕事ができるという素晴らしいもので、主婦業やママ業のスキマ時間を使って自宅で稼ぐことができるんです!

正しいやり方で正しく継続することで、月10万円以上、そしてそれ以上を稼いでいる主婦はたくさんいますし、私も2ヶ月で10万円を達成できました!

はじめからガンガン稼げるわけではありませんが、正しいやり方を正しく継続していくだけで初心者でもしっかりと稼ぐことができますし、成果が出ることに個人差はありますが、一般的に言われているのは「3ヶ月で月収10万円」ということ!

保活をがんばるよりも、保育園に入れるか悩むよりも、子育てを大切にしながら自宅でお仕事ができたらステキですよね!

もしあなたが、「ブログで稼ぐってどんな感じ?」と興味を持っていただけたのなら、私の無料メルマガに登録してみてください。

この無料で学べるメール講座では、メルマガ登録のプレゼントとしてブログ初心者向けのガイドブックを差し上げています

そして私が2ヶ月で10万円稼ぐことができた軌跡もギュッと盛り込んでいますので、ぜひ家事や育児の合間にご覧になってみてくださいね!

*メルマガはいつでも解除できますのでお気軽にどうぞ!

メルマガに申し込む

 

まとめ

今回は「保育園無償化で条件や二人目・未満児はどうなる?年収や所得制限も!」ということについて解説させて頂きました。

2019年10月から保育園無償化が始まるのは知っているけど、詳しいことはイマイチわからないっていうママさん向けです!

保育園無償化の条件は「3歳、4歳、5歳」の子供であるということ、0歳児から2歳児までは住民税非課税世帯のみ対象になるということでした。

そして二人目、三人目以降の保育料は変わるのか?それともこのまま二人目半額、三人目以降無償という多子減税は続くのか?

かなり大切なポイントですが、今のところ何もは票されていないので、改めてこちらで追記していこうと思います。

子育て世代の負担がどんどん楽になるのはありがたいことですね。

 

「自宅でスキマ時間を使って稼ぐ」を叶える無料メルマガ講座
WEBビジネス初心者向けのガイドブックをプレゼント中